バイオマス発電事業

Biomass energy

バイオマス発電とは What is Biomass energy?

カーボンニュートラルで、地球温暖化防止に貢献

バイオマス発電とは、木くずや家畜の排せつ物など、生物由来の廃棄物を燃料として、燃焼する際の熱を利用した発電方式です。
木材などの植物は、燃やすと二酸化炭素(CO2)を排出しますが、植物の成長過程では光合成によりCO2を吸収しているので、植物が排出する炭素量と吸収する炭素量は同じであるという考えがあります。
これを「カーボンニュートラル」といい、この考えに基づいてバイオマス発電は行われています。

バイオマス発電とは

バイオマス発電の種類 Types of Biomass Power Plants

消化ガス燃焼エンジン発電とバイオ燃料燃焼蒸気タービン

バイオマス発電には複数の発電方式があります。
ここでは最も一般的な消化ガス燃焼エンジン発電とバイオ燃料燃焼蒸気タービンについてご説明します。

消化ガス燃焼エンジン発電

下水汚泥や、家畜糞尿、食物残渣等を加熱し、嫌気性発酵すると、消化ガスが発生します。消化ガスはメタンを多く含んでいるため、燃やすことができ、発電に利用できます。また、燃焼時の廃熱を利用して温水を得ることも可能です。

消化ガス燃焼エンジン発電

バイオ燃料燃焼蒸気タービン

間伐材や、建築廃材などを細かく粉砕した木質チップを燃焼させた熱で水を高温・高圧の蒸気に変え、蒸気の圧力でタービンを回転させて発電を行う方法です。
人の手の行き届かない森林の木材を利用することによって、雇用の創出、森林整備にも寄与できます。

バイオ燃料燃焼蒸気タービン

バイオマス発電の事業開発・導入をご検討の方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください

エネルギーソリューション事業部
エンジニアリング部エネルギーシステム開発グループ

TEL : 095-843-6448
受付時間/9:00~17:00(土日祝休)