新着情報

News

被災時の太陽光発電システムの取り扱いについて

 


西日本を襲った記録的豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々、そのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

 
太陽電池パネル及び太陽光発電システムが飛散・水没した場合、太陽電池パネル及びその他周辺機器には素手で触らないでください。
太陽電池パネルは、光が当たる限り発電しますので感電の危険性があります。
撤去などの作業に関しては、必ず発電事業者・販売業者・施工業者・電気工事業者にご連絡ください。
また、災害復旧後の再稼働には安全確認を実施してください。

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)からも水害時の太陽光パネルに関する注意喚起の通知が発信されています。
二次災害を未然に防ぐためにも、下記の注意喚起資料をご確認いただき十分にご注意くださいますようお願いいたします。

 
■ 太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について
■ 太陽光発電システム被災時の点検・撤去に関する手順・留意点【水害編】

 
皆さまの安全と、一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。